• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 手続きなく自由に使える場合 』 内のFAQ

13件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 結婚披露宴で再生・上映するためのCD・DVDを製作する場合、どのような楽曲であってもJASRACに許諾を得なければならないのでしょうか。

    いいえ。次に該当する場合はJASRACへの利用許諾手続きは不要です。  1 JASRACが管理していない楽曲をご利用になる場合    (1) 著作権が消滅した楽曲    (2) 他の著作権管理事業者が管理する楽曲    (3) 著作権フリー音源など  2 「私的使用のための複製」に該当する場... 詳細表示

    • No:422
    • 公開日時:2016/07/20 16:12
    • 更新日時:2017/08/25 15:30
  • 音楽の利用にあたっては、全てJASRACに手続きを取らなければいけませんか?

    いいえ、著作権の保護期間が経過して著作権が消滅した作品は、手続きをとることなく、ご自由にお使いいただくことができます。(著作権法第51条2項) また、著作権法には、「私的使用のための複製」や「営利を目的としない演奏・上映」など、所定の条件を満たしていれば著作権が及ばないとする定めがあります。このように法律で著作... 詳細表示

    • No:60
    • 公開日時:2015/02/03 15:36
    • 更新日時:2016/03/28 11:32
  • 演奏会を入場無料で開催したいのですが、JASRACへの手続きは必要ですか?

    入場無料でも、手続きが必要となる場合があります。 著作権法第38条第1項は、公表された著作物は、以下の3つの要件を全て充たしている場合には、権利者の許諾を得ることなく演奏できると定めています。 (1)営利を目的としていない (2)聴衆または観衆から、入場料ほか料金を徴収しない (3)出演者等に報酬が支払われない... 詳細表示

    • No:108
    • 公開日時:2014/05/16 15:10
  • JASRACのBGMの著作権使用料が免除になるのは、どんな場合ですか。

    以下のいずれかに該当する場合は、当分の間使用料免除となります。 (1) 福祉、医療(医療法に基づく医療提供施設)、教育機関でのBGM (2) 会社や工場での従業員のためのBGM (3) 露店などでの短時間かつ軽微な利用 ※著作権法38条1項(「営利を目的としない演奏」など) が適用される場合は、 ... 詳細表示

    • No:331
    • 公開日時:2016/01/20 13:35
    • 更新日時:2018/01/29 16:37
  • BGMを流しているすべての店舗が音楽著作権の手続きをしなくてはいけないのですか。

    いいえ。以下の場合は、店舗のご経営者によるJASRACへの手続きは必要ありません。 ・有線音楽放送などの業務用音源をお使いの場合(音源提供事業者一覧) ・テレビやラジオの放送をそのままBGMとして流す場合  (インターネットラジオの場合は原則として手続きが必要となります。) ・JASRACが管理をして... 詳細表示

    • No:284
    • 公開日時:2015/08/12 11:25
    • 更新日時:2016/07/06 15:03
  • 4小節程度であれば、「引用」としてJASRACに手続きをしなくても歌詞や楽譜を雑誌に掲載したりできると聞いたのですが。

    楽曲を利用する場合は、一部であっても手続きが必要になります。楽曲の部分的な利用と著作権法で定められている「引用」とは別の事柄です。 著作権法上の要件を満たす場合は、自分の著作物に他人の著作物を引用することができます。文化庁ホームページの解説資料に、「引用」に関する条文(第32条)や要件の詳細(注5 引用にお... 詳細表示

    • No:233
    • 公開日時:2012/12/20 10:21
  • 歌詞の一節を論文で引用しようと思います。手続きは必要ですか。

    他人の著作物を利用する場合、基本的には著作権者の許諾が必要とされますが、論文などご自身の著作物に、他人の創作した歌詞を引用する場合については、著作権法に定める引用の要件を満たしていれば、手続きいただく必要はありません。 著作権法は、引用について、「公表された著作物は、引用して利用することができる。こ... 詳細表示

    • No:467
    • 公開日時:2017/10/10 17:50
  • 個人的な勉強のために著作権がある楽曲を採譜しても問題ありませんか。

    はい、採譜して個人的または家庭に準ずる限られた範囲内で使用されるなら問題ありません。 採譜では、五線紙や楽譜作成ソフトなどに記譜(入力)することになりますが、これは著作物の「複製(※)」に該当します。 著作物の複製をする際には、基本的に、著作権者(作詞者・作曲者など)への許諾手続きが必要とされます... 詳細表示

    • No:458
    • 公開日時:2016/12/15 15:11
    • 更新日時:2017/08/24 10:45
  • 曲のタイトルを書道の題材として書く場合、著作権の手続きは必要ですか。

    いいえ、曲のタイトルのみを書く場合、手続きの必要はありません。 一般的に題号(曲名)に著作物性は認められず、著作権が及ばないとされています。 なお、曲のタイトルが書かれた書道作品の用途が販売や広告などである場合は、不正競争防止法など著作権法以外の法令に抵触する可能性がありますので、ご注意ください。 詳細表示

    • No:244
    • 公開日時:2015/05/29 16:37
  • 音楽著作権の基本的なことを教えてください。

    JASRACホームページ「音楽著作権とは」では、音楽著作権の概要をご案内しています。 また、「ジャスラの音楽著作権レポート」では、音楽著作権の基礎知識を、イラストを使って総合的にご案内しています。どうぞご参照ください。 なお、以下のページにも著作権制度の概要が掲載されています。 ・文化庁 著作権... 詳細表示

    • No:409
    • 公開日時:2016/03/30 12:00
    • 更新日時:2017/09/26 15:20

13件中 1 - 10 件を表示

お問い合わせ