• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 歌詞・楽譜の出版、印刷、コピーなど 』 内のFAQ

33件中 11 - 20 件を表示

2 / 4ページ
  • どの手続きをすれば良いのか分りません。

    まず、ご検討中の利用方法に、どのような支分権が含まれるかをチェックしていただきます。 著作権は、「複製」「演奏」などの利用態様に沿って細かく分かれており、その一つ一つが独立した権利となっています。 この細かい権利のことを支分権といい、具体的には「複製権」「演奏権」「公衆送信権」など... 詳細表示

    • No:836
    • 公開日時:2019/11/21 00:00
    • 更新日時:2020/04/20 10:27
  • 雑誌のアーティストの紹介記事で、歌詞は掲載せず、曲名と作詞者・作曲者名のみを掲載する場合、著作権の手続きは必要ですか。

    いいえ、曲名と作詞者・作曲者名のみを掲載する場合、手続きの必要はありません。 一般的に題号(曲名)に著作物性は認められず、著作権が及ばないと解釈されています。 なお、曲名が歌詞の一部である場合で、音符や長母音とともに掲載するなど、歌詞として利用するときには、手続きが必要です。 詳細表示

    • No:92
    • 公開日時:2014/06/26 16:45
    • 更新日時:2019/05/16 16:32
  • 著作権は永久に保護されるのですか。それともいつかは切れるものなのですか。

    著作権法では、著作権の保護期間は創作の時にはじまり、著作者の死後70年(著作者が死亡した翌年から起算※)まで存続すると規定されています(第51条)。 ただし、外国人著作者の作品には、太平洋戦争中、日本が第二次大戦の旧連合国国民の著作権について保護しなかったという理由から、サンフランシスコ平和条約によって課さ... 詳細表示

    • No:5
    • 公開日時:2014/01/28 16:50
    • 更新日時:2019/05/16 16:46
  • Tシャツに歌詞の一部のみをプリントして販売したいのですが、手続きは必要ですか。

    Tシャツなど商品への歌詞のプリントは、歌詞の一部のみであっても、楽曲が特定できるようであれば、その楽曲がTシャツに「複製」されることになります。このため、事前に音楽著作権(作詞・作曲者などの権利)の手続きと、使用料のお支払いが必要となります。 インターネット上には、「数小節分までなら大丈夫」など、部分的... 詳細表示

    • No:502
    • 公開日時:2019/02/05 14:20
    • 更新日時:2019/07/12 17:22
  • JASRACの管理作品ではない場合、音楽著作権の手続きはいらないですね。

    いいえ。JASRACの管理作品ではない場合でも、その作品の著作権者が自己管理されていたり、JASRAC以外の著作権管理事業者が管理していることも考えられます。このような作品を利用する場合、その著作権者や、著作権管理事業者に対し、手続きをすることになります。 なお、著作権の保護期間が経過して権利が消滅した... 詳細表示

    • No:258
    • 公開日時:2015/07/31 13:26
    • 更新日時:2019/05/16 16:16
  • 個人的な勉強のために著作権がある楽曲を採譜しても問題ありませんか。

    はい、採譜して個人的または家庭に準ずる限られた範囲内で使用されるなら問題ありません。 採譜では、五線紙や楽譜作成ソフトなどに記譜(入力)することになりますが、これは著作物の「複製(※)」に該当します。 著作物の複製をする際には、基本的に、著作権者(作詞者・作曲者など)への許諾手続きが必要とされます... 詳細表示

    • No:458
    • 公開日時:2016/12/15 15:11
    • 更新日時:2019/05/16 15:15
  • 曲のタイトルを書道の題材として書く場合、著作権の手続きは必要ですか。

    いいえ、曲のタイトルのみを書く場合、手続きの必要はありません。 一般的に題号(曲名)に著作物性は認められず、著作権が及ばないとされています。 なお、曲のタイトルが書かれた書道作品の用途が販売や広告などである場合は、不正競争防止法など著作権法以外の法令に抵触する可能性がありますので、ご注意ください。 詳細表示

    • No:244
    • 公開日時:2015/05/29 16:37
    • 更新日時:2019/05/16 16:17
  • 作品検索(J-WID)で検索してもヒットしませんでした。その場合、著作権の手続きはしなくても良いのでしょうか。

    J-WID(ジェイ・ウィッド)で検索してもヒットしない場合、まず、作品名が正しかったかどうかを、念のためご確認ください。 例) フジサン → 正しくは フジノヤマ また、J-WIDには、表記について一定のルールがあります。以下のページでご案内しておりますので、あわせてご参照ください。 ... 詳細表示

    • No:265
    • 公開日時:2015/07/31 15:18
    • 更新日時:2019/06/26 14:26
  • 催物プログラムに歌詞を載せる場合、コンサートの手続きとは別途に、手続きが必要ですか。

    はい。出版利用の手続きが別途必要になります。 著作権の手続きをすると、その利用行為の範囲に応じた許諾が出され、その範囲内で著作物の利用が可能になります。 お済ませいただいたコンサートの手続きは、著作物の「演奏利用」を許諾の範囲としています。歌詞掲載の際に必要となる「出版利用」についての許諾は含まれてお... 詳細表示

    • No:91
    • 公開日時:2014/04/23 15:05
    • 更新日時:2019/06/26 16:11
  • 個人で音楽教室を開いています。生徒の教材用であれば、楽譜をコピーしても大丈夫ですか。

    いいえ、音楽教室の場合、無断ではコピーできません。 著作権法には、教育機関で行われる授業に用いるためであれば、担任の先生と生徒に限って、コピーできるという定めがあります。ただし、ここでいう教育機関は、営利を目的とするものが除かれます(著作権法第35条1項)。 個人や企業などが業務として行う音楽教室では... 詳細表示

    • No:455
    • 公開日時:2016/12/15 14:38
    • 更新日時:2019/05/16 16:04

33件中 11 - 20 件を表示

お問い合わせ