• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 153
  • 公開日時 : 2010/09/13 18:24
  • 印刷

大量の楽曲を配信しているので、利用曲目報告のための作品コード検索が負担です。JASRACで調べてもらえますか?

回答

JASRACが指定する方法でご利用報告をいただくことはご契約の条件となっております。また、現在の使用料率は、みなさまにJASRAC指定フォーマットでご報告いただくことにより支えられております。J-WIDなどの作品データベースをご活用のうえ、作品コードをご確認いただき、報告ファイルをご作成・ご提出くださるようお願いいたします。

なお、大量の楽曲配信に伴う報告作業負荷の軽減等を目的として、JASRACをはじめとする著作権管理事業者と音楽配信事業者が設立した一般社団法人著作権情報集中処理機構(CDC)において、フィンガープリント技術を用いた楽曲検索や利用曲目報告データの一括作成等を可能とする著作権情報集中処理システム「Fluzo(フルゾ)」の運用が開始されています。

無料トライアルサービスもありますので、以下サイトをご確認のうえ活用をご検討ください。

一般社団法人著作権情報集中処理機構(CDC)
http://www.cdc.or.jp/

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます