• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 193
  • 公開日時 : 2010/11/29 09:24
  • 印刷

自分で撮ったビデオ作品にBGMとして音楽を録音し、動画投稿(共有)サイトにアップロードして公開したいのですが、どのような手続きが必要ですか?

回答

YouTubeやニコニコ動画などの動画投稿(共有)サイトにおけるJASRAC管理楽曲を含む動画の配信利用については、動画の投稿者から個別に許諾手続きを行っていただくのではなく、サイトを運営している事業者側で許諾契約手続きを行っていただく取扱いとなっております。

動画投稿(共有)サービスにおける利用許諾条件について
http://www.jasrac.or.jp/news/10/0428_2.html

YouTube、ニコニコ動画、Ustreamなど、JASRACと許諾契約を締結していることを公表しているサイトもありますが、各サイトの許諾有無については、各サイトの運営事業者に確認してください。

JASRACと許諾契約を締結していない動画投稿(共有)サイトには、JASRAC管理楽曲を含む動画をアップロードすることはできませんのでご注意ください。

なお、動画投稿(共有)サイトにアップロードされた動画を、いわゆるタグ貼付・埋込の方法で外部のサイト上で利用する場合は、別途、外部サイトの運営者において、許諾契約手続きが必要となります。

ただし、外部サイトが、個人が広告収入を得ずに運営するホームページ、ブログなどの場合は、動画投稿サイト側の許諾の範囲に含まれますので、別途許諾手続きは必要ありません。

※「インタラクティブ配信」の手続き窓口:JASRAC送信部ネットワーク課
TEL:03-3481-2121/FAX:03-3481-2155
web申請:「J-TAKT

また、個人以外の企業、団体等が、JASRACが著作権を管理する外国曲を含む動画をアップロードする場合は、別途、音楽と映像(動画)を組み合わせて固定(複製)することに対して、複製権に基づく手続き(ビデオグラムへの録音)が必要となります。

外国曲を利用する場合、ほとんどの外国曲(洋楽)については、基本使用料が、JASRACの規定通りではなく、権利者の言い値になります。
したがって、外国曲を利用する際には、事前に日本で窓口となっている権利者(サブ音楽出版者)に直接お電話していただき、基本使用料額を決めてもらい、その額をJASRACにお支払いいただくことになります。

※「ビデオグラムへの録音」の手続き窓口:JASRAC複製部ビデオグラム課
TEL:03-3481-2172/FAX:03-3481-2705
web申請:「J-RAPP

また、市販のCDなど第三者製作の音源を利用される場合は、作詞家、作曲家の著作権とは別に、レコード製作者、実演家の著作隣接権について、許諾を得ることが必要です。

著作隣接権については、JASRACのように一括して管理する団体がありませんので、ご利用になる楽曲ごとに、各レコード会社等に直接お問い合わせいただくこととなります。
著作隣接権者からの許諾が得られない場合、その音源は利用できませんのでご注意ください。