• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2
  • 公開日時 : 2010/09/13 18:25
  • 印刷

発車メロディを配信する場合もJASRACへの手続きが必要ですか?

回答

鉄道駅において列車が発車することを音楽によって伝えるために流れる、いわゆる発車メロディ(発メロ)の中には、JASRACが著作権を管理している楽曲があります。たとえご自身で収録された音声データや自作したMIDIデータ等であっても、JASRACの管理著作物をインターネット上で公開する場合はJASRACの許諾を得ていただく必要があります。
JASRACが管理していない楽曲の利用であればJASRACへの手続きは不要ですが、必ず著作権者の許諾を得たうえでご利用ください。

楽曲の権利関係の確認は、作品検索データベース「J-WID」をご活用ください。

なお、鉄道駅で録音した発車メロディをインターネット上に公開する場合は、音源製作者に認められている著作隣接権の許諾もあわせて必要です。楽曲がJASRACの管理か非管理かを問わず、第三者製作の音源を利用する際は著作隣接権者の許諾を得る必要があります。著作隣接権はJASRACで管理しておりませんので、音源製作会社等の著作隣接権者にお問い合わせください。

JASRACへのお手続きは、オンラインライセンス受付窓口「J-TAKT」から申請登録のうえ、申込書をご郵送ください。
許諾の条件となる使用料は、以下の早見表でご確認ください。
http://www.jasrac.or.jp/network/side/hayami.html

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます