• No : 44
  • 公開日時 : 2010/09/13 18:25
  • 印刷

私が支払った私的録音補償金は一体どうなるのですか?

回答

録音機器等の製造業者から受領した補償金は、私的録音補償金管理協会(sarah)を通じて、JASRAC(著作者)、日本芸能実演家団体協議会(実演家)及び日本レコード協会(レコード製作者)といった関係権利者団体へ分配され、各団体がそれぞれの分野の権利者へ分配しています。また、著作権法の定めにより、補償金収入の2割が共通目的基金として支出されています。