• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 高齢者福祉課 』 内のFAQ

30件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • 高齢者紙おむつ給付とはなんですか?

    介護保険制度の要介護又は要支援の認定を受けている65歳以上で、在宅において寝たきり又は認知症の症状により常時失禁状態の方に対し、紙おむつを月30枚(尿とりパッドは月90枚)支給する事業です。 詳細表示

    • No:554
    • 公開日時:2019/06/27 20:09
    • 更新日時:2020/03/26 16:42
  • はり・きゅう・マッサージ施術費助成とはなんですか?

    木更津市にあらかじめ登録された施術所で、はり・きゅう・マッサージを受けたとき、利用券により費用の一部を助成します。対象者は65歳以上の木更津市民の方です。利用券1枚につき1回500円の助成を受けることが出来ます。利用券の支給枚数は年間最大12枚です。 詳細表示

    • No:561
    • 公開日時:2019/06/27 20:09
  • 高齢のため聴力が低下しているのですが、どこに相談すればいいですか?

    加齢性の難聴は、早期に発見し、早期に補聴器を使用することで、人とのコミュニケーションが活発になり、生きがいや生活の質の向上に寄与するとされています。気になることがあったら早めに耳鼻科医院に相談して下さい。 詳しくはホームページをご覧ください。 詳細表示

    • No:2455
    • 公開日時:2021/02/18 08:56
  • 認知症に関する相談はどこにすればいいですか?

    市内5箇所にある地域包括支援センターや高齢者福祉課には、「認知症地域支援推進員」という認知症に関する専門的な相談や助言を行うことができる介護や福祉などの専門職がいます。日常生活の中で何か気になることがありましたらこちらへご相談ください。 詳細表示

    • No:1949
    • 公開日時:2020/03/26 16:55
  • 高齢者見守りキーホルダーとはなんですか?

    住所、氏名、緊急連絡先、かかりつけ医等の情報を登録し、キーホルダーを持つことにより自宅や外出時の緊急事態に適確な支援を行います。 詳細表示

    • No:551
    • 公開日時:2019/06/27 20:09
  • 認知症ケアパス(ガイドブック)とはなんですか?

    認知症の進行度や状態などに合わせて「いつ」「どこで」「どのような」医療・介護サービスを利用することができるのかを示したガイドブックです。 詳細表示

    • No:1952
    • 公開日時:2020/03/26 17:04
  • 認知症カフェとはなんですか?

    認知症の方やそのご家族などが、地域住民や介護・福祉などの専門家(認知症地域支援推進員)などと気軽に集い、介護の息抜きや情報交換の場として運営されています。どなたでもお気軽にお越しください。詳しくはこちらをご覧ください。 詳細表示

    • No:1951
    • 公開日時:2020/03/26 17:02
  • 認知症高齢者の家族交流会とはなんですか?

    認知症の方を介護する中で感じる悩みや疑問を話し合う介護者同士の交流会です。お互いの経験や悩みを語り合うことで、心の負担を少しでも軽くするお手伝いをします。認知症の方を介護しているご家族であればどなたでも参加していただけます。詳しくはこちらをご覧ください。 詳細表示

    • No:1950
    • 公開日時:2020/03/26 17:01
  • 認知症について理解したい。

    認知症について正しく理解し認知症の人やその家族を温かく見守る応援者として、認知症サポーター養成講座を開催しています。養成講座については、こちらをご覧ください。 詳細表示

    • No:1182
    • 公開日時:2019/07/19 18:25
  • 地域包括支援センターはどこにありますか?

    市内に5ヶ所あり、担当地区が決まっています。 詳細表示

    • No:569
    • 公開日時:2019/06/27 20:09

30件中 1 - 10 件を表示

Copyright © 2019 Kisarazu City. All Rights Reserved.