• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 警防課 』 内のFAQ

48件中 1 - 10 件を表示

1 / 5ページ
  • はしご車は、建物何階まで届くのですか。

    本市には40メートル級はしご車と、15メートル級のはしご車があります。また、このメートル数はバスケット(隊員が乗る、はしごの先端部分にある、かご状のもの。)が到達する概ねの高さを示しています。建物の階層高さにもよりますが、40メートルであれば10階建て、15メートルであれば3階建ての建物には、少なくとも届きます。 詳細表示

    • No:1316
    • 公開日時:2019/07/24 11:09
  • 1回の火災でどのくらいの水を使いますか。

    火災の規模によって消火に使う水の使用量は異なりますが、平成30年放水の必要があった火災1件当たりの平均放水量は約16,000リットルです。 詳細表示

    • No:1295
    • 公開日時:2019/07/24 11:09
  • 車を運転中、後ろから消防車や救急車がサイレンを鳴らして来たらどうしたらいい...

    消防車や救急車等の緊急車両が緊急走行で近づいてきたら、道路交通法第40条の規定により道を譲ってください。 緊急車両に道を譲る方法のひとつは、交差点や見通しの悪いカーブ等を避けて「道路の左側によって緊急車両に道の中央を通らせる」ことです。 ただし、道路が狭い等、左によることで通行の妨げになる場合はこの限りではあ... 詳細表示

    • No:1751
    • 公開日時:2020/02/13 15:43
  • 消防車や救急車が出払ってしまったら、呼んでもこないのか。

    市内で災害が多数発生し、救急車や消防車が出払ってしまった場合は、千葉県広域消防相互応援協定書に基づき、隣接する市町村の救急車または消防車等が応援に駆けつけます。また、隣接する市町村では対応できないような大規模な災害が発生した場合は、千葉県内の隊で助け合う「千葉県消防広域応援隊」、千葉県以外の隊で助け合う「緊急消防... 詳細表示

    • No:1314
    • 公開日時:2019/07/24 11:09
  • 消火栓の移設はできますか。

    消火栓は火災の際、有力な水源となります。移設については、付近の消防水利(消火栓や防火水槽等)の設置状況を勘案したうえで、可能な場合もありますが、費用負担等の問題がありますので、消防本部警防課まで相談願います。 詳細表示

    • No:119
    • 公開日時:2019/06/27 20:07
  • 消防車両はどんな種類がありますか。

    本市が保有する消防署の消防車両は、次のとおりです。 1 ポンプ車 (1)消防ポンプ自動車 (2)水槽付消防ポンプ自動車 (3)化学消防ポンプ自動車 (4)小型動力ポンプ付積載車 2 はしご車 3 救助工作車 4 救急車 5 指揮車 6 広報車 7 資機材搬送車 各車両の台数については年度ごとの増減があるため、消防... 詳細表示

    • No:118
    • 公開日時:2019/06/27 20:07
  • 消防車のタンク水は何分くらいもつのでしょうか。

    消防車の規格、放水圧力などによっても違いますが、本市の消防車で一番多い規格の1,500Lタンク車で約3分くらいです。 詳細表示

    • No:1748
    • 公開日時:2020/02/13 14:20
  • アクアラインで災害が発生した場合に、消防機関は千葉県と神奈川県のどちらが出...

    どちらも出動する場合があります。千葉県側は木更津市消防本部が、神奈川県側は川崎市消防局が、それぞれ受持区域を分けて出動しています。なお、木更津市消防本部は上り線全線及び下り線は海ほたるから金田インターチェンジまでを、川崎市消防局は下り線浮島インターチェンジから海ほたるまでを受け持っています。 詳細表示

    • No:1741
    • 公開日時:2020/02/13 14:12
  • 公務員も消防団に入団できますか。

    国家公務員または、地方公務員が団員報酬を得て消防団員になることは可能です。この場合、兼職することになりますので、任命権者に兼職する旨を申請してください。なお、申請の手続きは、勤務する団体の服務担当部署へお問い合わせください。 また、一般職の公務員が消防団員を兼職することについては、消防団を中核とした地域防災力の... 詳細表示

    • No:1302
    • 公開日時:2019/07/24 11:09
  • 消防団員の身分・処遇はどのようになっていますか。

    消防団員は、非常勤特別職の地方公務員です。また、消防団員は、災害現場で危険な活動に従事することから、活動中に死亡、若しくは負傷又は疾病にかかった場合には、公務災害補償が受けられます。 さらに、消防団を退職した際には、退職報償金が在職年数、退団時の階級に応じて支払われます。(消防団員として5年以上勤務した者が対象と... 詳細表示

    • No:1300
    • 公開日時:2019/07/24 11:09

48件中 1 - 10 件を表示

Copyright © 2019 Kisarazu City. All Rights Reserved.