• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 相談 』 内のFAQ

58件中 31 - 40 件を表示

4 / 6ページ
  • 評価額証明書の記載内容を教えてください。

    <土地>所在地、所有者の氏名又は名称、登記地目、現況地目、評価額、登記地積及び現況地積 <家屋>所在地、所有者の氏名又は名称、現況用途・構造・屋根・階数、評価額、登記床面積、現況床面積 ※課税標準額及び税額の記載はないことにご注意ください。 詳細表示

    • No:1281
    • 公開日時:2019/07/24 11:08
  • 評価額証明書の取得方法を教えてください。

    木更津市役所朝日庁舎市民課で発行しています。申請方法、申請書類等詳細については、市民課0438-23-7253までお問い合わせください。 詳細表示

    • No:1280
    • 公開日時:2019/07/24 11:08
  • 償却資産とはなんですか?

    土地及び家屋以外の、事業の用に供することができる資産のことです。毎年1月1日時点で所有の資産について、その年の1月31日までに申告する義務があります。詳しくはこちらをご覧ください。 詳細表示

    • No:1279
    • 公開日時:2019/07/24 11:08
  • 都市計画税とはなんですか?

    都市計画税とは、快適で住みよい総合的な街づくりを目的とした都市計画事業や、土地区画整理事業に要する費用の一部に役立てられている目的税です。詳しくはこちらをご覧ください。 詳細表示

    • No:1278
    • 公開日時:2019/07/24 11:08
  • 評価額証明書、公課証明書、名寄帳の写しの違いは何ですか。

    評価額証明書は、固定資産税の評価額を証明するものであり、公課証明書は、固定資産税の税額を証明するものです。名寄帳の写しは、証明を目的としたものではなく、所有者ごとに、所有している固定資産を一覧表にまとめたものです。なお、いずれも木更津市内の固定資産に限ります。 詳細表示

    • No:1277
    • 公開日時:2019/07/24 11:08
  • 公図はどこで発行してもらえますか。

    公図は法務局で発行しています。資産税課では、地番図(公図をもとに、公図をつなぎ合わせて作成したもの)を発行しています。 詳細表示

    • No:1275
    • 公開日時:2019/07/24 11:08
  • 所有している建物を取り壊したとき、どのような手続きが必要ですか。

    建物の一部または全部を取り壊したときは、取り壊した建物の所有者、所在地等を資産税課0438-23-8673にご連絡ください。また、登記されている建物を壊したときは、法務局で滅失登記の手続きも必要となります。 詳細表示

    • No:1274
    • 公開日時:2019/07/24 11:08
  • 土地や家屋を持っていた人(納税義務者)が亡くなりました。どのような手続きが...

    土地及び登記されている家屋の場合は、法務局で相続登記をしていただくと、法務局より登記内容が市へ通知され、翌年より新しい所有者へ課税されます。登記されていない家屋の場合は、市役所へ所有者の変更手続きが必要になりますので、資産税課0438-23-8673へお問い合わせください。 詳細表示

    • No:1273
    • 公開日時:2019/07/24 11:08
  • 年の途中で土地や家屋を売った場合の固定資産税はどうなりますか。

    固定資産税は毎年1月1日現在の所有者に課税されます。したがって、年の途中で土地や家屋を売却しても、その年の固定資産税は全額課税されます。 詳細表示

    • No:1272
    • 公開日時:2019/07/24 11:08
  • 交通事故相談は予約が必要ですか

    はい、必要です。 また、申込につきましては、土曜日・日曜日・祝日を除いて相談日の2日前までに木更津市役所朝日庁舎市民活動支援課の窓口か電話(0438-23-7492)で予約してください。 詳細表示

    • No:1206
    • 公開日時:2019/07/24 11:08

58件中 31 - 40 件を表示

Copyright © 2019 Kisarazu City. All Rights Reserved.