• 製品情報
  • イベント・キャンペーン
  • ご購入サポート
  • アフターサポート
  • ブランド・ サービス
  • コンビについて
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お問い合わせ

『 授乳用品 』 内のFAQ

241件中 21 - 30 件を表示

3 / 25ページ
  • ミネラルウォーターの使用について

    ミネラルウォーターのご使用は、ミネラル分が多いのでお勧めいたしません。 特に、硬水ですと、お子様の下痢などの症状を起こすことがあります。 軟水でも、ミネラル分が多いのでお勧めいたしませんが、赤ちゃん用に作られたミネラルウォーターでしたら、ご利用は可能 です。 (赤ちゃん用以外のミネラルウォーターでも、『調乳じ... 詳細表示

  • 「調節リングA・B」の役割について

    「調節リングA」と「調節リングB」はお子様がミルクをお飲みいただく際の、ミルクの量を調節するための部品です。 赤ちゃんのチカラにあわせやすいように、乳孔からのミルク(母乳)の出やすさを調節できる流量調節機能です。お子様に合わせて、15~20分で飲めるよう、調節していただくことができます。 コンビだけの、たった... 詳細表示

  • 『調乳じょ~ず』のお湯はどのくらいの期間放置できますか?

    沸騰したお湯をガラスポット若しくは、哺乳びんスタンドを使用してセット後、一日に1回はお湯を入れ替えてください。その際に、お湯の継ぎ足しはせず、ガラスポットや哺乳びんの中を一度空にして、洗浄後、新しいお湯を入れてください。 詳細表示

  • 哺乳瓶は何本入りますか?

    細口哺乳瓶・広口哺乳瓶ともに3セット(3本)分をお入れいただけます。 (弊社テテオ哺乳瓶/授乳のお手本哺乳瓶の場合) 詳細表示

  • 哺乳瓶や本体ケースの洗浄について

    ミルク等の油分が付いた状態で加熱しますと、溶けや変形の原因になります。 本体ケースは少なくとも一日に1回は分解し、中性洗剤を含ませた柔らかいスポンジで、各部とも油分が残らないようによく洗浄してご使用下さい。 哺乳瓶も同様に中性洗剤で洗浄して下さい。 詳細表示

  • 消毒・除菌効果について

    消毒・除菌効果につきましては、公的試験機関にて試験を行ない、電子レンジによる消毒・除菌効果があることを確認しております。 大腸菌、黄色ブドウ球菌を培養し、減菌リン酸緩衝液で希釈した菌液を 製品本体内に並べた検体(哺乳瓶、乳首、キャップ、フード)に滴下して、電子レンジで5分加熱する。その後、検体内の生菌数を... 詳細表示

  • 洗浄や消毒・除菌などのお手入れ方法について

    ■洗浄について・・・ 弊社『コンビ 哺乳びん野菜洗い』または食器用中性洗剤を使い洗浄をして下さい。 乳首の中に水が残っている場合は、おしゃぶりの絵柄面を下に向け、乳首を押しつぶしてリングの付け根の隙間から水を切って下さい。 ※乳首内部に残ったお水は、直接お子さまのお口には入らない構造になっておりますので... 詳細表示

  • 本体ケースの内側がざらざらしている

    プラスチックの劣化ではございません。 水道水に含まれるカルキやミネラル成分(マグネシウムやカルシウム等)が凝固して結晶化しているものです。 ミネラル成分なので毒性はなく、人体への影響は全くございません。 お手入れとしては、約10倍に薄めたクエン酸洗浄剤やお酢を容器の中に入れて、 1時間以上放置してからキズが... 詳細表示

  • 電子レンジで沸かすお湯の量について(800ml以下の場合)

    800ml以下の量でも結構です。 ただし、800ml以下の場合、沸騰するまでの時間や適温になるまでの時間は、使用条件により異なるため、ご案内ができません。 (※800ml同様、80分後には調乳適温になります) 少ない湯量の場合は、ヤカンや電気ポットなどで沸騰させたお湯をガラスポット入れていただく... 詳細表示

  • 食器洗浄器での洗浄について

    可能です。 ※水抜き栓やフード軸、給水カップなど小さな部品の破損や紛失にご注意ください ※乾燥の際、除菌じょ~ずαの耐熱温度(140度)を超える場合は、製品の変形や溶解、破損の恐れがありますので乾燥はお控えください。 詳細表示

241件中 21 - 30 件を表示