• 製品情報
  • イベント・キャンペーン
  • ご購入サポート
  • アフターサポート
  • ブランド・ サービス
  • コンビについて

トップカテゴリー

  • No : 15265
  • 公開日時 : 2013/11/02 10:46
  • 印刷

『DC360 』と『EB360』の違いについて

回答

『メチャカルハンデイDC360』は、最軽量クラスA型ベビーカーのメチャカルファーストが、「より軽く、より強い」車体へと、新設計のフレームの採用により、生まれ変わりました。

■『メチャカルハンデイDC360』には、以下の1)から6)までの新機能がプラスされました。

 また7)、8)も違いがございますのでご確認ください。

安心タフフレーム採用  溶接技術を駆使した新設計フレームは、コの字型形状の構造体を4つ組み合わせることで、従来実現できなかった軽さと強靭さを併せ持つフレームへと進化しました。                                              

2)ぱぱっとフィットベルト採用  ベルトの長さの調整が簡単になり、より使いやすい新バックルを採用しましたので、赤ちゃんにフイットする際にかより簡単に操作できます。

3)片手ワンタッチ開閉&ぱぱっとクローズ  レバーを操作するだけで簡単開閉できます。( EB360も片手ワンタッチ開閉できます。)

また、背もたれをフルリクライニングさせた状態でも、自動的に背もたれが起き上がるので、すぐにスッキリ収納状態になります。

4)大径タイヤ  タイヤの径を大きくしました。(タイヤ直径11.7センチから12.5センチになりました)タイヤの厚さは同じ1.5センチです。

5)安心ハイシート  地面からの高さは約48センチです。『EB360』は、約39センチです。

6)A型対面BC最軽量 3.5キロです。『EB360』は、3.9キロです。

7)カゴ  カゴの容量が7リットルです。
『EB360』のカゴの容量は6リットルです。
しかしながら、耐荷重は5kgで同じでございます。


8)マルチフィットフットマフ ・ダッコシートα QD装着可能(別売り
『EB360』はマルチフィットフットマフ ご利用できません・ダッコシートα 装着可能(別売り)です。

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ