• 製品情報
  • イベント・キャンペーン
  • ご購入サポート
  • アフターサポート
  • ブランド・ サービス
  • コンビについて
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

  • No : 16059
  • 公開日時 : 2013/01/26 14:14
  • 印刷

『グランパセオ』と、『グランパセオ オート4キャス 』の違いについて

『グランパセオLZ600』と、『グランパセオ オート4キャス エッグショック SC』の違いについて
カテゴリー : 

回答

『グランパセオLZ600』と『グランパセオオート4キャス』は、基本構造が全く異なる製品です。
主に、車輪のキャスター機能が大きく異なります。

【車輪・足回り】
『グランパセオ オート4キャス』は、4輪キャスター・オート4キャス機能
ハンドル切替と連動して、対面でも背面でも常に進行方向に対して前方車輪がフリーとなります。その際同時に、後方車輪は自動でロック状態に切り替わります。このため、対面でも背面でもとても走行しやすくなります。

【キャスターについて】
『グランパセオ LZ-600』→2輪キャスター機能
背面時の前方車輪はフリーとなりますが、対面時には後方車輪がフリーとなります。
※タイヤの大きさは2機種とも同じです。

【製品重量】
『グランパセオ オート4キャス』→6.4㎏
『グランパセオ LZ-600』 →5.8㎏

【シートの居住空間】
『グランパセオ オート4キャス』→シート幅は約340㎜
『グランパセオ LZ-600』 →シート幅は約320㎜

【ハンドルの高さ】
『グランパセオ オート4キャス』→ハンドルまでの高さ 対面時989㎜ 背面時1050㎜
『グランパセオ LZ-600』 →ハンドルまでの高さ 対面時967㎜ 背面時1005㎜

【座面の高さ】
『グランパセオ オート4キャス』→約490㎜
『グランパセオ LZ-600』 →約460㎜

【ダッコシート】
『グランパセオ オート4キャス』→頭のみ標準装備
『グランパセオ LZ-600』 →頭と座を標準装備 

【幌について】
『グランパセオ オート4キャス』は、『グランパセオ LZ-600』に比べ若干小さくなります。

【股ベルトカバー】
『グランパセオ LZ-600』には、股ベルトカバーがついていますが、
『グランパセオ オート4キャス』には、股ベルトカバーはついていません。

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ