• 製品情報
  • イベント・キャンペーン
  • ご購入サポート
  • アフターサポート
  • ブランド・ サービス
  • コンビについて
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 17769
  • 更新日時 : 2011/08/19 12:32
  • 印刷

助手席での取り付けに関して

コンビの取扱説明書を読むと、エアバック装備の助手席では取付しないようにとありました。

なぜですか?取付けはできないのでしょうか?
カテゴリー : 

回答

エアバック装備の助手席ではお取付けしないでください。

 

私どもでは、チャイルドシートのお取り付けに関しまして基本的には、後部座席へのお取り付けをお願いしております。

より安全性に配慮いたしました環境でお子様がご利用いただくことが出来ますように、助手席へのお取り付けはご遠慮いただいております。(そのため、助手席へのお取付確認も実施しておりません)

理由といたしましては、もし事故に遭った場合にエアバックが作動すると、赤ちゃんにとって非常に危険です。エアバッグが膨らむスピードは、新幹線と同じ程度、200km/h以上といわれています。

エアバックの展開エネルギーを受けて助手席シートに叩きつけられてしまいますので助手席での使用は、前向きでも後ろ向きも推奨していません。

チャイルドシートの正しい取り付け位置は後部座席です。後部座席であれば、左右どちらの席でも安全性は変わりません。(お客様のお車にお取付できるか、適合確認は必要です)

尚、後部座席にサイドエアバックやカーテンエアバックが付いている場合については、ご使用可能です。

しかしながら、後席にシートベルトがない場合や、お子様が大勢いらっしゃるなど、やむを得ず、助手席へのお取り付けをご検討いただくような場合もあると思います。

そのような場合には、「エアバッグ標準装備」ではないお車、もしくは、「エアバッグ」が作動しないようなロック機能等があるお車で、「エアバッグ」が作動しない状態でのご利用ですと、ご利用が可能な場合がございます。
 
そのような場合には、コンシューマープラザにご相談くださいませ。


 

 

 

 

 

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ