• 製品情報
  • イベント・キャンペーン
  • ご購入サポート
  • アフターサポート
  • ブランド・ サービス
  • コンビについて
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

  • No : 19847
  • 公開日時 : 2009/08/06 12:38
  • 印刷

『コンビマグ』カビが発生した際のお手入れ方法について

『コンビマグ』にカビが発生してしまった場合のお手入れ方法について教えてください
カテゴリー : 

回答

弊社のマグは、お子様への安全性の面から、あえて防カビ剤などを一切含まず製造いたしております。そのため、温度・湿度・栄養分などの条件が揃うことで、パッキンや蓋にカビなどが発生する場合がございます。
防カビ剤などを使用しておりませんので、日常のこまめなカビ、細菌発生を防ぐお手入をお願い申し上げます。

【お手入れ方法】

使用後なるべく早い段階で洗浄→乾燥、洗浄→消毒→乾燥をこまめに行ってください。

(1)通常のお手入れは、ご使用後はできるだけ早く、ぬるま湯に漬け中性洗剤にてよく洗浄をし、しっかり乾かして保管してください。
特に重要なのは十分に乾燥をすることです
カビが育成するには水分が必要なので、しっかりと乾燥をしていただくことが、カビ防止につながります
また、洗浄後、その都度消毒をしていただくと、カビの防止効果はより高くなります。消毒は煮沸、電子レンジ消毒、薬液消毒が可能でございます

【洗浄、消毒、乾燥の役割】
洗浄:細菌やカビの栄養源を取り除きます。
消毒:残存している細菌,カビを可能な限り死滅させます。
乾燥:生育に必要な水分を除去することで増殖を防ぎます。

(2)2~3日に1回程度は、漂白剤や薬液消毒の溶剤などを使用し、漬け置きをしてください。漬け置き時間は30~40分を限度としてください。

マグの取扱説明書にはプラスチックを傷めないことを配慮して酸素系漂白剤の利用をお奨めいたしておりますが、カビの菌に対しては塩素系の漂白剤のほうがより効果が高いので、塩素系漂白剤やミルトンなどの薬液消毒の溶剤をご利用いただいて構いません。
塩素系漂白剤やミルトン等薬液消毒の溶剤をご利用される場合は、表示されている使用方法に則してご利用ください。

3.細かい部分は、歯間ブラシや爪楊枝などをつかっていただくと、より衛生的です。

カビの状況がひどく上記お手入れをしていただいても状況が改善しない場合は、大変申し訳ございませんが、ストローパーツのご交換をお願い申し上げます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ