• 製品情報
  • イベント・キャンペーン
  • ご購入サポート
  • アフターサポート
  • ブランド・ サービス
  • コンビについて
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

トップカテゴリー

  • No : 30318
  • 公開日時 : 2019/10/29 00:00
  • 印刷

チャイルドシートの安全基準R129とR44の違いについて

チャイルドシートの新安全基準「R129」と、従来の安全基準「R44」の違いを教えてください。
カテゴリー : 

回答

「R129」とは、従来の安全基準「R44」から、さらなる安全性の向上を図る新しい規格を盛り込んだ次世代の安全基準です。
 
安全基準
新基準 従来基準
後向き使用
これまでよりも、後向きで使える期間が長くなりました
※15カ月を超えても身長76cm未満のお子さまの前向き使用はできません 
※製品によって後向きで使用できる期間は異なります              
使用条件
これまでの体重基準から、より個人差の少ない身長基準に変更されたので、
個人差も少なく、より体型に合わせて使用できます           
衝突試験
赤ちゃんの頭部・頸部の安全性を高めるため、これまでの前方後方からの衝突試験
に加え、新しく側面衝突試験が追加されたので、より安心してチャイルドシートを
使用できます                               
ダミー人形
計測センサー
もしもの時を想定し、多くのセンサーが付いたダミー人形を使用して衝突試験が
行われるようになりました                        
計測センサーが追加されたことで、より精密に赤ちゃんのカラダにかかる負荷を
想定できるようになったため、産まれたての赤ちゃんにも安心して使用できます
取り付け可能な
シート
「ISOFIX」および「i-Size」対応シート 
「ISOFIX]」または「シートベルト」
車への取付けミスで最も多いのは、車のシートベルトの締め付けが緩いこと...
ISOFIXは、コネクターを車側の金具(バー)に差して押し込むだけなので、   
取付けミスを防止し、しっかり取付けることができます           
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ