• No : 19151
  • 公開日時 : 2010/03/06 09:09
  • 印刷

『メチャカルファーストEY360』と『メチャカルファーストαCZ-400』の製品の違い

回答

『メチャカルファーストEY360』と『メチャカルファーストαCZ400』』は、片手ワンタッチ開閉の操作など、コンパクト収納など操作方法は同じ仕様です。

違いについて、以下にご説明させていただきます。

①軽さについて(重量)
『メチャカルファーストEY360』は軽量化に主眼を置いて製造されているベビーカーでございます。超軽量3.9キロですから、階段や電車での移動もスムーズです。
『メチャカルファーストαCZ400』は機能性や安定性を上げた分、ご利用いただく際のベビーカーの重量が4.6kgになっております。

②車輪
『メチャカルファーストαCZ400』は機能性・居住性や安定感を重視しております。
クッション機能つきの車輪で、路面からの振動をよりやわらげます。
より走行の際の安定感が高くなり、小さな段差などある際にも押しやすくなりました。
③かご
耐荷重は同じ5キロですが、容量が『メチャカルファーストEY360』は6L、『メチャカルファーストαCZ400』は、9Lでかごの大きさが『メチャカルファーストαCZ400』が一回り大きくなります。
④幌
『メチャカルファーストαCZ400』の幌は、日差しにあわせて角度を変えられる「ラチェット式幌」になっておりますし、トップウインドーがついております。
これに対し、『メチャカルファーストEY360』は、小ぶりで固定式の幌が装備されております。

⑤ダッコシートα
メチャカルファーストαCZ400』には、ダッコシートが標準装備されてついておりますが、『メチャカルファーストEY360』には、お取り付け可能でございますが、別売りになっております。

⑥対象年齢
『メチャカルファーストαCZ400』は、生後1ヶ月から36ヶ月(体重15キロ以下)使用可能となっております。『メチャカルファーストEY360』は、生後1ヶ月から24ヶ月の対象年齢でのご使用をお願いいたしております。

⑦シート
『メチャカルファーストαCZ400』は、体温調整が苦手な赤ちゃんのために、通気性の良い立体メッシュをシートに採用しました。

機能性・居住性や安定感を重視する場合は、『メチャカルファーストα』CZ400がお勧めになります。