よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 MetaCAMコマンド 』 内を 「 レイヤ 」 で検索した結果

36件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 【レーザー】製品設定

    使用する機種、名称(部品名)などの設定を行います。 名称 図面管理などの部品名になります。 ファイル保存の際にファイル名を入力しなければファイル名として保存されます。 担当者名 プログラムを作成する人の名前です。 製品 部品の製品名称、管理名称を入力します。 O番号 NCコード出力する際のプログラム番号です。 プログラム番号がダブらないようカウントアップします。 コメント 帳票... 詳細表示

    • No:131279
    • 公開日時:2015/08/14 10:19
    • ウィザードFAQ
  • 【3D】展開

    正値を使用します。 隣の投影した輪郭を出力する 一般的な板金展開時はチェックONで使用してください。 全ての隣り合う平面の板の外寸、内寸を表す線を追加して各面を展開します。 各面ごとに別々のレイヤに追加され、“Plane_1”、“Plane_2”という名称です。 初期値では表示がOFFになっています。 展開図のループ形状を自動削除しない 一般的な板金展開時はチェックOFFで使用してください。 詳細表示

    • No:130784
    • 公開日時:2015/09/25 13:50
    • 更新日時:2018/02/28 17:47
  • 冶具作成

    冶具サイズ設定 ・冶具サイズ設定の、各方向のはみ出し量と下部の高さを入力します。 ・加工テーブルからモデルの最下点までが下部の高さになります。 冶具を部品に出力 ・冶具プレートを切断する使用機械、材料、リブ板厚 、ベース板厚を選択します。 モデル基準で冶具を作成する時に各項目を設定します。 ・X軸に垂直なリブ X軸に垂直なリブの... 詳細表示

    • No:131233
    • 公開日時:2015/08/13 19:08
    • ウィザードFAQ
  • 展開用にモデル修正

    全自動でモデル修正を行う 部品が一つで、面が分割されていない場合の操作です。 Shiftキーを押しながら表面になる面をマウスでクリックします。 (下記にある手動モデル修正の処理を自動で行います。) 半自動でモデル修正を行う アセンブリモデルなど複数の板厚を持つ部品を修正する場合の操作です。 1.Ctrlキーを押しながら面をクリックすると、板厚面を測定してインプットバーに入力さ... 詳細表示

    • No:130903
    • 公開日時:2015/08/11 10:18
  • レーザー加工条件編集

    加工条件表はツリー形式で構成されています。 本のマークをダブルクリック、または左の+をクリックすると加工機、材料、板厚の順に枝分かれしていきます。 最後の板厚をクリックすると、右のウィンドウに加工条件表が表示されます。 加工条件表は加工機によって、その内容が異なります。 下図は、代表的名2機種について説明します。 【切断ページ】 タイプ 条... 詳細表示

    • No:131387
    • 公開日時:2015/08/20 15:22
    • ウィザードFAQ
  • パンチCAM

    PDG ファイル このシステムでは、部品図形を保存するするPDGファイルを使います。 これは、一つのファイルの中に図形情報(CADデータ)だけでなくパンチ加工情報(CAMデータ)も含み、またタレットレイアウト情報も含まれます。 これら全ての関係する情報が一つのファイルに格納されるので、ファイル構造はシンプルになっています。 パンチCAMとは? 図形中の全ての形状を対象に工具が割付けられ... 詳細表示

    • No:130497
    • 公開日時:2015/08/06 14:11
  • 【作図】選択

    図形単位に選択する 選択コマンドをクリックします。 図形をクリックします。 複数の図形を選択する Shiftキーを押しながら、選択する図形をクリックします。 領域選択を使用する マウスカーソルを左から右方向にドラッグし、長方形の枠で図形を囲みます。 選択コマンドをクリックします。 選択する図形が全て入るような長方形を想定します。 その長方形の左上、又は左下コ... 詳細表示

    • No:130397
    • 公開日時:2015/09/25 13:50
    • 更新日時:2018/03/07 14:20
  • ネスティング設定

    基本設定 ネスティング方法 ネスティングアルゴリズムを1/2/3共通切断から選択します。 共通切断はレーザー加工のための設定で、パンチ加工には使用できません。( 参照:ネスティングアルゴリズム ) グリッドサイズ アルゴリズム2,3において、仮想のグリッドを作成し、その上に製品を配置します。 この設定値が小さいほど配置間隔が小さく、歩留まりよく配置することが出... 詳細表示

    • No:131285
    • 公開日時:2015/08/14 11:23
    • 更新日時:2018/03/13 15:02
  • 曲げ属性編集

    す。 操作手順 曲げ属性編集コマンドを選択し、曲げ線に変換する線をクリックします。 曲げ属性編集ダイアログで各項目を設定します。 曲げ線自動 Bend、Mbendなどの曲げ線のレイヤで作成された直線には、一括して曲げ属性を付加することが出来ます。 操作手順 曲げ属性編集コマンドを選択します。 Ctrlキーを押しながら、クリックします。 変換された曲げ線をクリックして、 詳細表示

    • No:130738
    • 公開日時:2015/08/10 13:23
  • 絞り形状

    されます。 ※成形表示させる場合は、表示設定の板厚表示をONにしてください。 ※V8で新たに、ウエルドナット、スタッドボルトを追加しました。 展開すると特定のレイヤ名に変換されます。 パンチCAMで成形工具を自動で割付ける場合は、default.fpf に設定が必要です。 詳細表示

    • No:131041
    • 公開日時:2015/08/11 16:39

36件中 1 - 10 件を表示