よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAサービス カテゴリー

  • No : 129500
  • 公開日時 : 2015/09/25 13:48
  • 印刷

【レーザー】自動ソート"詳細設定"

自動ソートの詳細設定の説明。
カテゴリー : 

回答

詳細設定
このボタンをクリックすると、詳細ソート設定ダイアログが表示されます。
自動ソートのコマンド説明に記載がある最短ソート、またはグリッドソート
のいずれかでソートする前に、加工種別の分けられた、このダイアログ中の
種々の特性を使い、ソートを設定する事が出来ます。
代表的な加工では、加工範囲と内加工/外加工を使います。
その他は、加工機の特性や状況に合わせて使い分けます。
ソートテーブルの特性は、設定した順番に効果が現れます。
特性によってレーザー(パンチ)専用であったり、内容が相反するものをソートテーブルに
設定すると要求するソート結果にならない場合があります。
 
ソートテーブルの作成方法
①使用しない特性の一覧から使用する特性をクリックします。
②この特性を使用するをクリックすると、ソートに使用する特性の欄に移動します。
③特性をクリックして、上下矢印キーでソートの優先順位(並び替え)を変更します。
④特性を直接クリックすると、右の欄にさらに詳細な特性が表示されるので、
 各特性の優先順位(並び替え)を変更します。
 
各特性の内容について
 
加工範囲(つかみ換え)
掴み換えの順番にフレーム単位で加工順を設定します。
 
プロセス
マーキング、切断加工を分けてソートします。
 
内加工/外加工
内加工切断/外加工切断を分けてソートします。
 
領域単位
加工する範囲を4等分(右上/左上/右下/左下)して
各領域単位で加工します。
 
図形サイズ
2D作図の小さい順にソートします。
 
図形形状
2D作図の形状でソートします。
丸、角、長角、長丸、シングルD、ダブルDなど。
 
割付け順
自動切断以外のコマンドで割り付けた場合に有効で、
加工を割付けた順番でソートします。
この特性は単独でのみ有効となります。
 
保存/読込
保存ボタンをクリックすると、ソートテーブル保存ダイアログが表示されます。
そこでソートテーブルの名前をつけて保存をすると、
あとで使用出来るように使用出来るようにconfigファイルに書き込まれます。
ソートテーブル保存ダイアログの出力をクリックすると、
このシステムが起動している他のPCに転送する為の外部ファイル(STBファイル)
にソートテーブルを出力する事が出来ます。

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます