よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 130400
  • 公開日時 : 2015/08/04 14:29
  • 印刷

直線

直線
 
直線を作図します。
カテゴリー : 

回答

 2点をクリックして作図する

 マウスで始点と終点をクリックします。

 
 座標値を入力して作図する
  1. X、Yに始点の座標値を入力します。
  2. DX、DY、(絶対値入力の場合は、終点X、終点Y)、長さ、角度のいずれか2つの値を入力します 。
   DXと長さ、DXと角度、DYと長さ、DYと角度の組み合わせの場合、Tabキーを使用して必要な値だけを入力してください 。

 
 マウス指定と座標値入力を混在して作図する

 マウスでの入力とインプットバーへの入力の両方をミックスして使用できます。

 例)
 開始点をマウスでクリックして指示して、DX・DYに入力します。
  (この時 X・Y の座標値が、マウスでクリックされた点の座標値になります。)

  また、DXと長さを入力する組み合わせでも、他の2つの値(DYと角度)を計算して作図します 。

 
 同じ直線の繰り返し作図

 Ctrlキーを押しながらクリックすると、直線コマンドで直前に作図した直線と同じ長さと傾きの線が作成されます 。
 クリックされた点が直線の開始点となります。
 この方法は、同じ直線を違った場所に数多く作成する時などに使えます。

 
 垂線の作図

 直線コマンドを使い直線または円弧上の点から、その線分対して垂直な直線を作成できます。
 
  1. 直線コマンドを選択します。
  2. 長さを入力します。(他の値はそのままにしておきます。)
  3. Shiftキーを押しながら垂線を作成したいところでクリックします 。
   マウスポインターが直線や円弧上でスナップしているとき、そのポインターがわずかですがオフセットしている方向に垂直線が引かれます 。

  

 
 接線の作図

 円または円弧の指示された点に接線を作成します。
 
  1. 直線コマンドを選択します。
  2. 長さを入力します。(他の値はそのままにしておきます。)
  3. Altキーを押しながら、接線を引く点でクリックします。
   ShiftキーとAltキーの両方を押しながらクリックすると、反対方向に作成されます。

  
 
 2つの円弧に接する接線の作図

 2つの円弧又は円に接する接線を作成するには直線コマンドを使用します。
 
  1. 直線コマンドを選択します。
  2. 線上とスナップされるまで円弧の近くにマウスを移動しクリックします。
    (もし端点、中間点、あるいは他のスナップが出たときは、 線上と表示する位置までマウスを移動して下さい。)
  3. 円弧の接線となる方向へマウスを移動します。
    (マウスを動かすと円弧に沿って直線の始点が移動し、常にマウス位置からの接線を維持します。)
  4. 他の円や円弧の上に接線と表示されるまでドラッグし、クリックします。
   
 
 円、円弧からの垂線で、他の円、円弧に接する作図
  1. 直線コマンドを選択します。
  2. 線上と表示されるまで円弧の近くへマウスを移動し、円弧の垂直方向に動かします。(マウスの位置から円弧に垂直な直線を保ちながら、円弧上で垂線の始点がマウスの動きに連れ移動します。)
  3. 他の円や円弧上に接線とスナップされるまでマウスを移動し、クリックします。
   

 
 

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます