よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 130734
  • 公開日時 : 2015/08/10 13:16
  • 印刷

面結合

面結合
 
面と面を結合して展開図を作成します。
カテゴリー : 

回答

操作手順
  1. 基準となる面側の結合線(曲げ線となる辺)をクリックします。
  2. 結合する側の面の結合線をクリックします。
  3. 曲げ角度などを設定し、了解を選択します。
 

 
結合タイプについて

  面結合ダイアログの結合タイプで、基準面、結合する面、それぞれの結合部分が内寸/外寸どちらで作成されているか選択します。
 曲げ線の情報は、曲げ属性編集コマンド を使用して編集することが出来ます。

 
結合する面を残す場合

  結合する面の辺をクリックする時に、Ctrlキーを押しながらクリックします。
 

   


 
結合する面を反転して結合するには

  押結合する面の辺をクリックする時に、Altキーを押しながらクリックします。
  結合する面を残して、さらに反転する場合は、CtrlAltキー押しながらクリックします。
 

   


 
スリットを作成するには

  結合する面の辺をクリックする時に、Shiftキーを押しながらクリックします。
 
   



 
曲げ係数が登録されていない場合

  結合する側の面の結合線をクリックした時、下記のダイアログが表示されます。
 
  曲げ内Rと90度の曲げ係数を入力してください。
  曲げ係数に対して詳細な変更、及び詳細の確認を行いたい場合は、曲げ係数データベースで行ってください。
  ここで曲げ係数の登録を行わなかった場合(取り消しボタンを押した場合)は、面結合は行われません。


 
 
 
 

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます