よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 130823
  • 公開日時 : 2015/09/25 13:49
  • 印刷

【パンチ】手動ソート

 手動ソート
 
手動で加工順序を編集するときに使用されます。
 
通常は自動ソートを行った後に、部分的に加工順を変更したり、加工順を確認する場合に使用します。
 
カテゴリー : 

回答

部分的に加工順を変更する
  1. 手動ソートコマンドをクリックします。
  2. 1~4まで加工順を変更しない場合は、Shiftキーを押しながら4をマウスでクリックします。
  3. 変更する順番に工具の番号か、工具を直接マウスでクリックしていきます。
  4. 確定するには、手動ソートコマンドを再度クリックしてください。
緑色になった番号を変更する場合は、番号を再度クリックすると番号が白抜きになり、解除されます。
 
 キーボードの矢印キー↑↓を押すと加工する順番に番号が緑色になります。  

 

 
加工方向を変更する (Ctrl=方向変更)

加工順を変更している途中で、方向変更 コマンドを使用しないでも、加工方向を変更することが出来ます。
方向を変更する加工の上で、Ctrlキーを押しながらクリックします。
クリックする毎に、方向が変更されます。

 
加工を分割する (Alt=スライスシート)

手動掴み換え コマンドでフレームを追加した場合など、追抜き加工を分割する時に使用します。
分割する箇所で、Altキーを押しながらクリックします。


 
注意ジョイント追加 とは異なります。


指定した範囲内でソートする (Shift+Ctrl=範囲)

Ctrl+Shiftキーを押しながら、マウスをドラッグして範囲を指定します。
ドラッグした範囲内で、加工順が決定されます。
(範囲を指定した後、直接クリックして順序を変更しても構いません。)
 

  
下図のように、つかみ換え ボタンを押すことにより、「加工」 「掴み換え」を繰り返す加工順を設定することも出来ます。

  
掴み換え前 フレーム1
1~11  ・・・ 内形加工
掴み換え後 フレーム2
12~15 ・・・ 内形加工
掴み戻し フレーム1
16~18 ・・・ 外形加工
掴み換え フレーム2
19~21 ・・・ 外形加工
 

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます