よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 130841
  • 公開日時 : 2015/08/10 16:00
  • 印刷

ソートレベル設定

  ソートレベル設定
 
・工具をグループに分けて加工順を設定することが出来ます。
・工具ごとに8段階のレベル(グループ)に分けます。
・分けられたレベル番号の低い順に加工されます。
・ソートレベル600は、下向き成型の引っかかり回避の動作を自動で行います。
・ソートレベルは10単位で設定可能です
カテゴリー : 

回答

自動でソートレベルを設定するには・・・

 工具マスターにレベル番号を設定します。
  1. 工具マスターコマンドをクリックします。
  2. 新規追加、または編集で金型を選択します。
  3. 工具編集の工具ソートレベルにレベル番号を入力します。
    (参照: 工具マスター
   工具ごとにソートレベルが設定されます。

  自動ソートの詳細設定にソートレベルを設定します。
  設定方法は、自動ソート コマンドの項を参照してください。

 ※次のような複合図形は、工具に設定したソートレベルに関係なくソートレベルが設定されています。

 
 
手動でまとめてソートレベルを設定するには・・・
  1. 選択コマンドをクリックします。
  2. Altキーを押しながら工具をクリックするか、変更する複数の工具を選択します。(Altキーを押しながらクリックすると、同一工具を一括選択することが出来ます。)
  3. ソートレベルコマンドをクリックします。
  4. SortLevelダイアログから、変更するレベル番号をマウスでクリックします。

    

ソートレベルの使用例
 
レベル 
                    内                      容
Level-100
精度測定用パンチ。工具特性では前工程、OVS用パンチなど
Level-200
複合加工時の優先工具。工具特性ではピアスパンチ、優先工具など
Level-300
通常の打抜き工具。(工具マスターの初期値)
Level-400
通常の打抜き工具。工具特性では追抜き専用など
Level-500
上向き成型工具。
Level-600
下向き成型工具。(下向き成型工具は他の工具と違いタレット内での干渉を防ぐための回避動作や、クランプ側から加工するよう変更されます。)
Level-700
切り離し工具。工具特性では最終工程、切り離しパンチなど
Level-800
精度測定用パンチ。

同じレベル内での加工順は、自動ソートの設定に影響されます。
 

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます