よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 130932
  • 公開日時 : 2015/09/25 13:49
  • 印刷

【レーザー】シューター設定

 シューター設定
 
シュータ割付けされた加工の確認や移動シュータの設定を行います。
V8からは、カッティングプレート も表示できるようになりました。

シュータ、カッティングプレート で割付けた加工をマウスでクリックすると、シュータ枠が表示されます。
カテゴリー : 

回答

 移動シュータの設定をする

 最終切断後、移動して部品をシュートします。
 (切断された部品が引っかかる恐れがあるので、通常は設定しません。)
  1.  シューター設定コマンドをクリックします。
  2. シューターが割り付いている加工をクリックします。
  3. 表示された枠を、Ctrlキーを押しながらマウスでドラッグします。

 
V8では、カッティングプレート形状を任意で登録できます。
正確なカッティングプレート形状にて確認することができます。

 
シュータ移動の解除

シューター移動の解除を一括で行います。(シューター設定を解除するのではありません。)
Shiftキーを押しながらマウスクリックすると、全てリセットされます。
 

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます