よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 131012
  • 公開日時 : 2015/08/11 15:42
  • 印刷

ネスティング-製品

ネスティング配置する製品の選択や設定を行います。

 
カテゴリー : 

回答

部品をクリックすると図形表示や部品情報を表示します。
部品をダブルクリックするとCAM画面を表示して編集することが出来ます。

 

  


 
 部品名、ファイル名、機種、材質・板厚、サイズ

   製品名称、保存先、材質、板厚、製品サイズを表示します。

 
 配置数

   製品を配置する数を入力します。数値をハイフン(-)で区切り、最小値と最大値を入力することが出来ます。
  例) 20-24と入力すると、製品の形状や状態に合わせて、20から24の範囲で製品を配置します。
    このように範囲を持たせることでネスティングが効率を上げることができます。

 
 回転

   製品を最適な状態で配置するために回転させることが出来ます。
  例1) “90”と入力すると、0°、90°、180°、270°と回転し、最適な角度で配置されます。
     0または360を入力すると、製品を回転させません。
     その他の数値を入力した場合は、その角度単位に回転して配置します。   
  例2) 角度の後ろに“!”を入力すると、角度を固定して配置します。      
     “90!”と入力すると、90°に回転した状態でしか配置されません。

 
 製品間隔

   製品を配置する間隔を設定します。
  加工を考慮していますので、加工の外形からの距離になります。
  設定した値だけ製品の輪郭を大きくみなしますので、片側の量を入力します。
  配置形状ページ の配置状態の図で実線で表示されます。

 
 優先順位

   製品を配置する優先順位を設定します。
  小さい数字から順に配置されます。
  優先順位を持たせない時は0(ゼロ)を入力します。
 
 挿入部品
 
  ONの場合、その部品を他の部品の穴に配置します。
  部品より小さな穴には配置されません。
  アルゴリズム1・2で穴に優先して部品を挿入する場合、チェックONに設定しておく必要があります。
 
 グループ

   グループごとに別々の材料に配置します。
  例) いくつかの製品をグループ1に設定します。更にいくつかの製品をグループ2に設定します。
  1枚の材料にはグループ1の製品を配置し、別の材料にはグループ2の製品を配置します。
  グループが異なる場合は、同一の材料に配置されません。

 
 共通切断しない

   ネスティング設定 で、ネスティング方法を共通切断に設定した場合に表示されます。
  共通切断したくない円や、複雑な形状などはチェックONにして設定を有効にします。
  この設定がOFFの部品は、全て共通切断の対象になります。

 
 表示のソート

  項目をクリックすると内容ごとに表示のソートを行います。(ネスティング順ではありません。)
  *ネスティング後の配置形状ページのシートごとの部品を表示する順番は、製品ページの表示順になります。
  *板取りでの板取りレポート(帳票)に表示される部品の順番も同様です。
 




 
 
 

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます