よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAサービス カテゴリー

  • No : 131190
  • 公開日時 : 2015/08/13 14:12
  • 印刷

面を跨いで切断(面間割付け)

面を跨いで切断(面間割付け)
 
2個以上の面に跨った穴や外形の輪郭に加工を割付ける場合に使用します。
カテゴリー : 

回答

1. コマンドを選択し、使用する加工条件を選びます。
 
2. アプローチ長、半径、角度などを入力して、加工を割り付ける形状の切断する輪郭付近をクリックします。

傾斜角 : 穴の外側に傾斜する角度
  オフセット : 穴形状のシフト量(形状より大きい穴加工)
 前進角 : 切断方向に対してノズルを傾ける角度
 
 
3. 加工を割付ける形状の開始点(ピアス位置)と終了点をクリックします。テーパー角度を入力すると開先加工を割付けます。
    開始点をクリックする時に、Shiftキーを押しながらクリックすると、輪郭を一周する加工が割り付きます。
 
加工は面の表側に割りつきます。IGESデータなどで面の裏表が逆になっている場合は、モデルページで板厚方向コマンドを使用して裏表を変更しておいてください。
テーパー角度を入力した場合、Altキーを押しながら割付けると裏面基準の開先になります。
 
このコマンドで割付けた後、加工分割加工削除を使用して不要な部分の加工を削除すると一部分だけの加工を残すことが出来ます。
 

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます