よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 131231
  • 公開日時 : 2015/08/13 15:30
  • 印刷

3Dカーブを結合

3Dカーブを結合
 
3D-IGESのサーフェス上のワイヤーフレームで、複数のカーブを1つに結合する時に使用します。
3D-IGESの 読込み設定 で「3Dカーブを読み込む」をONにして読み込みます。(ワイヤーフレームは、表示設定 の作図線をONにすることにより表示されます。)加工を割付ける際に、ワイヤーフレームが無い部分がある場合、このコマンドを使用します。

 
 
カテゴリー : 

回答

例1) 3Dカーブを結合する

  下図のように、複数の3Dカーブで構成されているモデルがあります。
  通常、3Dカーブに加工割付けコマンドで各カーブ(赤線)を割付け後、加工分割・削除・結合を行う必要があります。
  このような場合3Dカーブを結合コマンドで結合しておくと、容易に加工を割付けることが出来ます。
 
  1. 3Dカーブを結合コマンドを選択します。
  2. 画面左下のインプットバー Join Tolerance に値を入力します。設定値以下の離れたカーブを結合します。
  3. 結合する3Dカーブをクリックします。
  4. 結合するもう一方の3Dカーブをクリックします。Ctrlキーを押しながら結合する3Dカーブを次々クリックすると、連続して結合することが出来ます。
   


 
例2) Rを付けて3Dカーブを結合する

 下図のように、直線の3Dカーブで繋がれた穴加工部分のモデルがあります。
 通常、3Dカーブに割付けコマンドで各加工を割付け後、ワークのRに合わせて 切断ベクトル編集コマンドでヘッドの姿勢変更を行います。
 Rのサイズが明確な場合や、任意のRにする場合、このコマンドを使用すると容易にRで3Dカーブを結合することが出来ます。

 
  1. 3Dカーブを結合コマンドを選択します。
  2. 画面左下のインプットバー Fillet にR値を入力します。
  3. 結合する3Dカーブをクリックします。
  4. 結合するもう一方の3Dカーブをクリックします。
 

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます