よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 131276
  • 公開日時 : 2015/08/14 09:29
  • 印刷

手動割付

手動割付
 
図形の一部分に対話式に工具割り付けができます。
カテゴリー : 

回答

 割付け方法
  1.  手動割付コマンドを選択します。
  2.  割付ける線分をクリックします。
  3.  割付ダイアログが現れ、線分に割付け可能なパターンを表示します。
  4.  <、> ボタンでパターンを選択します。また、使用金型を選択します。
  5.  確定する場合は、ダイアログの外を左クリックしてください。
   キャンセルする場合は、Escキーを押すか、ダイアログ上部バー右の X  ボタンを押してください。
  ダイアログの上部バーの数値は、線分の長さです。
  ダイアログを移動する場合は、上部バーをマウスでドラッグしてください。
 
 
 
 始点側オフセット、終点側オフセットは、辺の割付けでジョイント量やオーバーハング量を指定する時に使用します。
 スキャロップは、丸工具のニブリング荒さを設定します。(0の場合は、工具割付設定が使用されます。)
 1.5倍チェックを無視して線分に割付け可能なパターンを表示します。
 
 
使用工具の表示
 既に使用されている工具を青色でハイライト表示します。
 
 表示されるパターン、金型について
ダイアログに表示されるパターンの内容や順番は、加工設定値設定 、、ツール/オプション/ パンチCAMのパターン優先順の設定、スケッチ材 はい/いいえ、などの自動割付けで使用される各設定が大きく影響します。
 
金型についてもタレットにセットしている金型から選択する場合と、工具マスターも含めて選択する場合は、 加工設定スイッチ工具マスターから自動割付けする」のON/OFFが影響します。
また、金型の工具特性も影響します。
(例:ニブリングで割付けるのに工具特性の「ニブリング工具 」で登録していない場合は、表示されません。)
 
*学習機能
使用工具を変更した場合、同じパターン(割り付け)では最後に使用した工具を優先します。
使用工具のツリー表示
  •  使用金型のリストの右側にある ... ボタンをクリックすると、使用可能な金型の一覧をツリー形式で表示します。
 

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます