よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAサービス カテゴリー

  • No : 189781
  • 公開日時 : 2016/06/15 09:23
  • 更新日時 : 2018/02/28 13:07
  • 印刷

【トルンプ】「注意!設定値以下の短線があります」のエラーメッセージが表示される

NCコード変換をすると、「注意!設定値以下の短線があります」というメッセージが
出てきました。これはどういう意味ですか。
 
カテゴリー : 

回答


[NC変換ダイアログ]⇒[短線チェック(0:しない)]で 設定されている長さ以下の
線分があった場合に表示されるメッセージです。
 ※必要に応じて数値を変更してお使いください。
 
 
エラーメッセージに 「部品名:短線の長さ(X座標、Y座標)」が記載されているため、
どこに設定値以下の短線があるのか確認できます。
 
※今回のデータについては
部品名 : NON_NAME
短線の長さ : 0.020
X座標 : 44.250
Y座標 : 949.640 

加工機側で径補正のエラーが出るのを未然に防ぐために設定をしています。
 
 
エラーが出た際の確認事項
板取りの場合、どの製品でメッセージがでるか座標等から確認します。
 
 
該当の製品はわかったが、どこに短線があるか不明な場合・・・
 
  1. 作図画面で[短線チェック]する。
    加工機で切断できる長さより少し大きめの数値を入力し、検知される場合は修正してください。
    ※トリム等を行うと割り付けが外れる為、再度割り付けなおしてください。
    ※MARKレイヤや、_AUXなどの補助線は検知しません。
     
  2. NCコード変換後のTrustSimulatorで短線チェックする
    ※割付後のアプローチに発生したRや、マーキング部分で警告が出ている場合に有効です。
     [製品設定]→[コーナー]ですべての角度に「コーナーループ」を付ける設定に
     なっていると、鈍角に非常に短いRが発生します。

    [TrustSimulator]→[オプション]→[環境設定]→[データ単位]→「レーザー最小加工長チェック」


     
  3. 「レーザ加工長が短いので注意」の警告が出て、該当部分のコードがハイライトされます。



    描画上でも黄色くハイライトされますが、短すぎて見えない為前後のコードをクリックして判断します。
     
板取りのみで出る場合・・・
 
回転角度が"1°"などで配置されている場合、出力されるDX、DYの値で警告が出ている場合があります。
一旦0°に戻し、少し大きめの角度で調整し、メッセージが解消されるかご確認ください。

 

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます