よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAサービス カテゴリー

  • MetaCAMコマンド
  • FileManager
  • DimensionFour
  • その他
  • No : 191211
  • 公開日時 : 2016/08/24 12:59
  • 印刷

モデルデータ読み込み~展開の流れ

MetaCAMは、中間ファイルの読み込みが可能です。
IGESの出力が一般的に普及しており、規格も比較的統一されていますので、
読み込みは一番安定しています。
 
ソリッド(固まり)データは、サーフェス(面)やワイヤーフレーム(線)のデータと違い、
板が二重に表現され、曲げRが円筒状の図形に表現されているため、
MetaCAM上で展開するために修正を行う必要があります。
 
■読み込み⇒■モデルの修正⇒■レイヤーの変更⇒■展開
の流れとなります。
 
カテゴリー : 

回答

■読み込み
※以下、IGESモデルを例に、ご案内します。
 
①[ファイル]⇒[読み込み]⇒[IGESモデル]
または[読み込み]⇒[IGESモデル]を選択します。
 
 
②「ファイルを開く」画面よりIGESファイルを選択し、[開く]をクリックします。
 
③「MetaCAMオプション読み込み設定」画面が表示されます。
設定を確認後、[了解]をクリックします。
 
 
 
■モデルの修正
④IGESモデルが取り込まれます。
MetaCAM上で面の認識をさせるため、修正を行う必要があります。
※成型の工具が使用されている場合→[成型形状認識]
 
⑤モデル拡張[展開用にモデル修正]を選択し、モデル上でクリックします。
修正された面は凍結面で表示され、
下部のインプットバーに取り込まれたモデルの情報が自動で入ります。
 
※モデルにより不要面が残る場合があります。モデル上をShift+クリックすると、
不要面が削除され取り込まれます。
 
※モデルが凍結面で表示されず、修正されなかった面がある場合
 
⑥モデル基本[板厚方向変更]をクリックするか、
マウス右クリックのショートカットメニューより「凍結解除」を選択します。
MetaCAMで展開できる状態に変換されます。
 
 
 
■レイヤーの変更
⑦モデル基本[3次元モデル設定]をクリックし、材質を板厚を選択します。
 
⑧モデル基本[レイヤー設定]をクリックし、
上記で選択した材質、板厚にレイヤーを変更します。
(下記画像では、"SURFACE"レイヤーを"1"レイヤーに変更します。)
 
モデルの全て面を選択(Ctrl+Aなど)した状態で、
[レイヤー設定]を開き、「○現行」を変更先のレイヤーに合わせておきます。
[・拡張機能]⇒「選択要素を現在のレイヤーに移動」をクリックします。
 
上記の操作をすると全ての面が希望のレイヤーに変更されます。
 
 
 
■展開
[板厚方向変更]で板の向きを合わせ、
必要に応じて[曲げ線]や[合わせ面、切断の指定]などで修正を行い、
モデル基本[展開]をクリックし、展開図を作成します。
 
 

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます