よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 192497
  • 公開日時 : 2016/09/27 10:25
  • 印刷

【トルンプ】アプローチ設定の違いについて教えてください

「加工条件編集」でアプローチの設定が板厚によって違いますが、
それぞれどんな意味がありますか
カテゴリー : 

回答

以下の参考データは、同じ形状・同じ材質を板厚を変えて加工を割りつけています。
 
【薄板】(SUS-N2  0.5mm)
 
レーザの出力が低いので、直角・鋭角に曲がっても綺麗に切ることが出来ます
 
 
【厚板】 (SUS-N2 4mm)
 
レーザーの出力が高いため、直角や鋭角に曲がると角が溶けてしまいます
綺麗に加工するために、アプローチにRをつけるように設定されています
 
 
 
※MetaCAM導入時、基本はトルンプの加工条件表を使用して設定を行いますが、
お客様のご希望や状況に合わせて、設定を調整している場合もございます

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます