よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 194302
  • 公開日時 : 2016/12/08 17:26
  • 印刷

【板金基礎知識】伸び代(曲げ係数)

伸び代(曲げ係数)とは、何ですか。
カテゴリー : 

回答

実際に曲げる材料には板厚があり、それを曲げることによって曲げ部には局部的に伸びが発生し、
 
外寸長  ≠  展開長  であり、
 
展開長(L) = 外寸長(A+B) ― 伸び代
 
として計算することが多い。
 
 
 
伸び代とは板の材質、板厚、機械、金型、その他に依存する特有の値であり、
経験的に求めることが多い。
又、曲げ箇所が2箇以上の場合には、
 
展開長 = 外寸長 ― 伸び代 × 曲げ回数
 
として計算します。
 
 
外寸が20ミリ、50ミリ、100ミリ、50ミリ、20ミリ、伸び代が2.4とすると、
 
展開長=20+50+100+50+20-2.4×4=230.4ミリ
 
となります。
 

FAQで解決できない場合は↓「お問合せフォーム」からご質問ください。

※保守契約をご締結のお客様のみの機能です。

お問い合わせはこちらから
FAQ改善のためアンケートにご協力ください
「○/△/×」のいずれかをクリックしてください。
「△/×」をクリックすると入力フォームが表示されます。
コメントを入力後(空白も可)[送信する]をクリックしてください。
お問い合わせを入力されましても返信できかねますのでご了承ください。

解決できた 解決できたがわかりづらかった 解決できなかった

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます