• No : 130986
  • 公開日時 : 2015/08/11 14:40
  • 印刷

スライスシート

 スライスシート
 
加工済みのシートに、グリッド状(格子状)の切断線を追加します。
使用機械がレーザー加工機か複合機のときにのみ使用できます。
残材をスクラップ処理する時や、端材処理などに便利です。

 
 
カテゴリー : 

回答

 スライスシートを割付ける
  1. スライスシートコマンドをクリックします。
  2. スライスシートダイアログにジョイント量、ピッチなど、各種設定をおこない、了解ボタンを押します。
この切断線は、クランプの反対側から開始されるように追加されます。
部品に交わる切断線のジョイント量と、材料の端に交わる切断線のジョイント量は、個別に設定出来ます。
既存の切断線を削除をOFFにしてから了解すると、既存の切断線にスライスシートコマンドで設定した切断線を追加することが出来ます。

 


 
ネスティング内の全パターンを切断する

ネスティング実行後、配置編集を選択し、スライスシートをクリックすると、選択可能となります。
ネスティング後の1枚のシートに設定すると、他のシートにもスライスシートの設定が反映されます。
※ネスティングJOBで使用する加工機が1機種の場合のみ使用可能です。

 



 
 切断線の加工順変更

   切断線ソート コマンドを参照してください。

 
 切断線の加工方向変更

   切断線の方向変更 コマンドを参照してください。

 
 切断線の削除

   切断線を削除 コマンドを参照してください。