• No : 131076
  • 公開日時 : 2015/08/12 13:35
  • 印刷

異形材料追加

異形材料追加

  PDG ,板取ファイル 又は DXFの材料図形を読み込みます。
 
カテゴリー : 

回答

  1. 異形材料追加コマンドを選択すると、フィルを開くダイアログが現れます。
  2. 追加したいファイルをダブルクリックするか、選択後に開くをクリックします。
    (複数の異形材料を追加する場合は、1・2の操作を繰り返します。)
  3. 材料リストのプレビュー表示で形状を確認します。
  4. 材質・板厚などを直接クリックし、設定を行ってください。

  注記)
   異形残材には、掴み代を使用できません。
   あらかじめ、部品を配置したくない部分には、穴を作図しておいてください。
 
板取ファイルを異形材として選択した場合 LYTをそのまま残材として扱えます
 
 
色は オプションで指定した色で表示されます
パーツの上で右クリックすることにより 加工部品と加工済み部品を切り替える事ができます。
 
 
加工済み部品:残材扱いに変更されます。(加工されません)
他の部品を加工済みにする:選択したパーツ以外を 加工済み部品とします。
加工済み部品を加工部品に変換する:加工済み部品を 加工部品と認識させます。
  ※但し、既に板取に配置されていた部品(残材)に関しては変更できません。