• No : 194302
  • 公開日時 : 2016/12/08 17:26
  • 更新日時 : 2018/03/01 20:51
  • 印刷

【板金基礎知識】伸び代(曲げ係数)

伸び代(曲げ係数)とは、何ですか。
カテゴリー : 

回答

実際に曲げる材料には板厚があり、それを曲げることによって曲げ部には局部的に伸びが発生し、
 
外寸長  ≠  展開長  であり、
 
展開長(L) = 外寸長(A+B) ― 伸び代
 
として計算することが多い。
 
 
 
伸び代とは板の材質、板厚、機械、金型、その他に依存する特有の値であり、
経験的に求めることが多い。
又、曲げ箇所が2箇以上の場合には、
 
展開長 = 外寸長 ― 伸び代 × 曲げ回数
 
として計算します。
 
 
外寸が20ミリ、50ミリ、100ミリ、50ミリ、20ミリ、伸び代が2.4とすると、
 
展開長=20+50+100+50+20-2.4×4=230.4ミリ
 
となります。