よくあるご質問
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 投資信託 」 内のQ&A

63件中 31 - 40 件を表示

4 / 7ページ
  • NISA口座で購入した投資信託等は、いつでも売却できますか ?

    はい。いつでも売却可能です。しかし、ファンドにより平日営業日でも、海外の休場日に該当するなどの理由により売却手続きができない場合があります。 詳細表示

    • No:763
    • 公開日時:2017/02/23 16:54
  • 現在保有している投資信託をNISA口座に移すことはできますか ?

    できません。NISAで保有できるファンドは、新たに投資(購入)する分に限ります。 すでに課税口座で保有しているファンドや相続等により受け入れたファンドをNISA口座に移すことはできません。 詳細表示

    • No:762
    • 公開日時:2017/02/23 16:52
    • 更新日時:2017/03/21 14:16
  • 少額投資非課税制度(愛称:NISA)とは、どのような制度ですか ?

    NISA(少額投資非課税制度)については、次のページでご確認いただけます。 https://www.hyakugo.co.jp/tameru/toushin/recommend/nisa/ 詳細表示

    • No:760
    • 公開日時:2017/02/23 16:50
    • 更新日時:2017/10/26 12:51
  • NISAでは、どのような商品が利用できますか ?

    当行のNISAでは株式投資信託のみ対象となります。 取り扱いしているすべての投資信託商品がNISAでご購入いただけます。 詳細表示

    • No:759
    • 公開日時:2017/02/23 16:49
  • NISAとはなんですか?

    NISA(少額投資非課税制度)については、次のページでご確認いただけます。 https://www.hyakugo.co.jp/tameru/toushin/recommend/nisa/ 詳細表示

    • No:755
    • 公開日時:2017/02/23 16:44
    • 更新日時:2017/10/26 12:52
  • ファンドがなくなることはありますか?

    受益権の口数が一定の口数を下回った場合、または解約することが受益者のために有利であることが認められる場合、もしくはやむをえない事情が発生した場合はファンドが償還されることがあります。 ただし、その場合には原則として運用会社より全てのお客さまにその旨を記載した書面を事前にお送りし、一定期間以上の異議申し立ての... 詳細表示

    • No:754
    • 公開日時:2017/02/23 16:42
  • 今後分配金が引き下げられる(引き上げられる)ことはありますか?

    投資信託の分配金は、決算の都度、運用会社が分配方針にもとづき決定しています。市場動向等の影響を受けるため、あらかじめ一定の額の分配金をお約束することは出来ません。 また、一般的に基準価額の上昇は分配金の引上げ要因となりますが、分配金は基準価額水準や分配原資の状況、市況動向等を総合的に勘案して決定されるため、基準... 詳細表示

    • No:748
    • 公開日時:2017/02/23 16:19
  • 投資信託のリスクとリターンの関係はどのようなものですか?

    投資信託が投資する株式や債券などは価格変動による値動きのリスクがありますが、一方で値上がりや配当・利金などのリターンも期待できます。一般的に期待するリターンが高いほどリスクも大きくなり、リターンが低いほどリスクも小さくなります。詳しくは次のページをご参照ください。 https://www.hyakugo.c... 詳細表示

    • No:746
    • 公開日時:2017/02/23 16:16
    • 更新日時:2017/10/26 12:56
  • 投資信託は、預金や株式・債券とどのように違うのでしょうか?

    預金は、原則として元本が保証されている一方で、リターン(金利)が低くなります。 一方で投資信託は、株式や債券などに投資しますので、価格変動が変動し値下がりするリスクがある一方で、預金よりも高いリターンを期待することができます。 投資信託とは、多くの人のから集めたお金をひとつにまとめて、運用のプロ(ファンド... 詳細表示

    • No:745
    • 公開日時:2017/02/23 16:14
  • 投資信託とはどのようなものですか?

    多くの人のから集めたお金をひとつにまとめて、運用のプロ(ファンドマネージャー)が株式や債券などに投資し、そこで得た収益を投資した人に投資割合に応じて配分していくことを目的とした金融商品です。 投資をしたいけれども自分だけでは多くの株式や債券を買うほどの資金はない、自分ではうまく投資できないので運用のプロに運用を... 詳細表示

    • No:742
    • 公開日時:2017/02/23 15:59
    • 更新日時:2017/10/26 12:57

63件中 31 - 40 件を表示