• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 13903
  • 公開日時 : 2022/10/01 00:00
  • 印刷

質問 後期高齢者医療保険料はいつ頃どうやって払いますか?

回答

保険料の納付方法は、原則として年金から天引きされます。4月から翌年3月までの年額保険料額は、年6回(4月、6月、8月、10月、12月、2月)に分けて年金天引き(特別徴収)でお支払いいただきます。
 
また、年金天引きの対象となる人は、介護保険料が天引きされている年金額が年額18万円以上で、後期高齢者医療保険料と介護保険料との合計額が年金受給額の1/2を超えない方です。年金天引きできない人や75歳になられた時などは、納付書で納めていただきます。

納付書でお支払いいただく場合は、1期(7月末納期限)から8期(2月末納期限)までの納付書がありますので、それぞれの納期限までに金融機関やコンビニエンスストアなどでお支払いください。
また、一括払いされるときは、全期の納付書をお使いください。ただし、1期(7月末納期限)がない場合は、全期の納付書がありませんので、各期の納付書をすべて使ってお支払いください。
※所得の修正があった場合や後期高齢者医療制度へ加入(75歳到達・転入など)されたタイミングによっては、「随時期」の納付書が発行される場合があります。

年額保険料は、毎年7月半ばにお知らせします。
ただし、6月以降に後期高齢者医療制度へ加入(75歳到達・転入など)された場合は、加入月の約2か月後のお知らせとなります。
※転入による加入の場合、加入月の約1か月後のお知らせとなる場合があります。
 
【お問合せ先】
福祉部
保険年金課
長寿医療係
電話番号:0857-30-8225
Eメール:hoken@city.tottori.lg.jp

FAQ(よくある質問とその回答)改善の参考とさせていただくため
~アンケートにご協力をお願いします~
Q:このFAQで、お調べになりたいことは解決しましたか?