• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1487
  • 公開日時 : 2019/08/21 16:32
  • 更新日時 : 2022/09/05 16:37
  • 印刷

質問 介護保険で対象となる16の特定疾病とはどのような病気ですか。

回答

40から64歳の方(第2号被保険者)は、介護保険で対象となる16の特定疾病が原因で「要介護認定」を受けた場合に、介護サービス・介護予防サービスを利用できます。ただし、老化が原因とされるものに限り、交通事故などが原因の場合は、介護保険の対象外となります。
【16の特定疾病】
(1)がん末期、
(2)関節リウマチ、
(3)筋萎縮性側索硬化症、
(4)後縦靭帯骨化症、
(5)骨折を伴う骨粗鬆症、
(6)初老期における認知症、
(7)進行性核上性麻痺、大脳基底核変性症及びパーキンソン病、
(8)脊髄小脳変性症、
(9)脊柱管狭窄症、
(10)早老症、
(11)多系統萎縮症、
(12)糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症、
(13)脳血管疾患、
(14)閉塞性動脈硬化症、
(15)慢性閉塞性肺疾患、
(16)両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
 
【お問合せ先】
福祉部
長寿社会課
介護保険係
電話番号:0857-30-8212

FAQ(よくある質問とその回答)改善の参考とさせていただくため
~アンケートにご協力をお願いします~
Q:このFAQで、お調べになりたいことは解決しましたか?