• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2469
  • 公開日時 : 2019/08/22 07:46
  • 更新日時 : 2020/12/22 14:54
  • 印刷

質問 後期高齢者医療保険料の計算方法と納付方法はどうなっていますか?

回答

保険料は、被保険者が平等に負担する「均等割額」と所得に応じて決まる「所得割額」の合計額となります。
均等割額と所得割率は、鳥取県後期高齢者医療広域連合で2年ごとに決められており、低所得世帯等の場合は、保険料が軽減されます。
また、保険料の納付方法は、原則として年金から天引きされますが、希望により、口座振替へ変更もできます。
年金天引きの対象となる人は、年金額が年額18万円以上で、後期高齢者医療保険料と介護保険料との合計額が年金受給額の1/2を超えない方です。
なお、75歳になられるなどで新規加入された場合、数か月間は年金天引きができないため、納付書払いか、(手続きされていれば)口座振替になります。
 
【お問合せ先】
福祉部
保険年金課
長寿医療係
電話番号:0857-30-8225

FAQ(よくある質問とその回答)改善の参考とさせていただくため
~アンケートにご協力をお願いします~
Q:このFAQで、お調べになりたいことは解決しましたか?