• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2512
  • 公開日時 : 2022/04/01 00:00
  • 印刷

質問 国民年金に加入したのですが、保険料の支払いが困難です。学生ではありません。どういった手続きができますか。また、手続きに必要なものは何ですか。

回答

保険料の支払いが困難な時は免除・納付猶予申請をすることができます。
必要なものは基礎年金番号またはマイナンバーの確認できる書類です。
 
失業による免除申請の場合は、「離職票」、「雇用保険受給資格者証」等の写しを添付してください。紛失された場合は公共職業安定所(ハローワーク)でそれらに代わる「雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書」を発行することができます。
なお、雇用保険の適用を受けていない場合の添付書類については、保険年金課年金係、または、鳥取年金事務所(0857-27-8311)へお問い合わせください。
また、生活保護の生活扶助を受けていたり、国民年金や厚生年金保険などの障害年金の1級、2級を受けている場合には申し出により法定免除が受けられます。
必要なものは、(障害年金を受けているとき)年金証書です。
(生活扶助を受けているとき)保護開始決定通知書、基礎年金番号またはマイナンバーの確認できる書類です。
 
いずれの手続きも、窓口は市役所1階9番国民年金窓口、各総合支所市民福祉課、または鳥取年金事務所です。
代理人の場合は委任状が必要です。(同世帯の人が手続きをされる場合は不要)
 
【お問合せ先】
福祉部
保険年金課
年金係
電話番号:0857-30-8224

FAQ(よくある質問とその回答)改善の参考とさせていただくため
~アンケートにご協力をお願いします~
Q:このFAQで、お調べになりたいことは解決しましたか?