• No : 2134
  • 公開日時 : 2021/04/13 00:00
  • 更新日時 : 2022/02/22 20:03
  • 印刷

質問 車は変わっていないのに昨年度より税額が高くなっていますが、なぜですか?

回答

(1)昨年度グリーン化特例(軽課)の対象であった場合、もしくは(2)今年度から重課税率の対象となった場合が考えられます。
 
(1)昨年度グリーン化特例(軽課)の対象であった場合
 グリーン化特例(軽課)の適用は1年限りです。次年度からは通常税率となります。
 *グリーン化特例(軽課)とは一定の環境性能を有する対象車に該当する場合、1年限りで軽課税率が適用されるものです。
(2)今年度から重課税率の対象となった場合
 最初の新規登録(初度検査年月)から13年経過した車に重課税率が適用されます。
 令和4年度は平成21年3月までに新規登録された車に適用されます。
 初度検査年月については、自動車検査証の「初度検査年月」欄で確認することができます。
○軽自動車税(種別割)の税率(税額)については、鳥取市のホームページ(軽自動車税)の「軽自動車税(種別割)の税率変更について」にて詳しくご案内しています。
 
【お問合せ先】
総務部税務・債権管理局
市民税課
軽自動車税