• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 アーティストやレコード会社などの権利(著作隣接権) 』 内のFAQ

5件中 1 - 5 件を表示

1 / 1ページ
  • どの手続きをすれば良いのか分りません。

    まず、ご検討中の利用方法に、どのような支分権が含まれるかをチェックしていただきます。 著作権は、「複製」「演奏」などの利用態様に沿って細かく分かれており、その一つ一つが独立した権利となっています。 この細かい権利のことを支分権といい、具体的には「複製権」「演奏権」「公衆送信権」など... 詳細表示

    • No:836
    • 公開日時:2019/11/21 00:00
  • 音楽著作権の基本的なことを教えてください。

    JASRACホームページ「音楽著作権とは」では、音楽著作権の概要をご案内しています。 また、「ジャスラの音楽著作権レポート」では、音楽著作権の基礎知識を、イラストを使って総合的にご案内しています。どうぞご参照ください。 なお、以下のページにも著作権制度の概要が掲載されています。 ・文化庁 著作権... 詳細表示

    • No:409
    • 公開日時:2016/03/30 12:00
    • 更新日時:2019/04/25 17:38
  • 映像に市販CDの音楽を収録すると、音楽著作権だけでなく、レコード会社にも手続きが要るそうですが、どうしてですか。

    レコード会社(※)は、自ら製作した音源について「著作隣接権」という権利を保有しています。レコード会社が著作隣接権を保有する音源を、映像や動画などに録音する場合、法律で定められている例外を除き、この「著作隣接権」の手続きが必要になると著作権法に定められています。   映像作品などに市販CDから音楽を... 詳細表示

    • No:285
    • 公開日時:2015/08/12 11:29
    • 更新日時:2019/05/16 17:16
  • 音楽著作権は、その曲を歌っているアーティスト(実演家)のものですか。

    音楽の著作権は、作詞や作曲など創作をした人に発生します。つまり、そのアーティストが自分で詞や曲を創作した作品であれば、そのアーティストに著作権が発生することになります。 一方、アーティスト以外の方が創作した作品は、作詞者・作曲者などの創作者に音楽著作権が発生します。 JASRACが管理する音楽作品の作詞者... 詳細表示

    • No:342
    • 公開日時:2016/01/28 14:45
  • 市販CDの収録音源を、そのままCMに使うことはできますか。

    音楽の著作権者(作詞者・作曲者など)および著作隣接権者(レコード会社など)から、必要な許諾をすべて取得すれば、既成の音源をCMに使うことができます。 たとえばJASRAC管理作品の収録されたCDをCMに使う場合、音楽著作権の手続きをJASRACに対して行うと同時に、別途レコード会社などに対し、著作隣接権の手... 詳細表示

    • No:74
    • 公開日時:2014/05/29 16:20
    • 更新日時:2019/05/16 18:19

5件中 1 - 5 件を表示

お問い合わせ