• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 9972
  • 公開日時 : 2020/06/03 00:00
  • 更新日時 : 2022/02/12 14:50
  • 印刷

質問 高額医療・高額介護合算制度の対象となる人はどんな人ですか?

回答

後期高齢者医療と介護保険の両方で自己負担を払ったとき、1年間の両方の自己負担額を合計して一定額を超えた場合は、その超過金額が支給されます。対象期間は毎年8月1日からの1年間で、下記のとおり所得区分ごとに上限額が決められています。
該当する方には、鳥取県後期高齢者医療広域連合から「高額介護合算療養費等支給申請書兼自己負担額証明書交付申請書」が届きますので、本庁舎福祉総合窓口(13番窓口)または各総合支所市民福祉課窓口で申請してください。
なお、同じ世帯の後期高齢者医療制度の被保険者の場合は、複数人分を合算することができます。
 
1.現役並所得者【Ⅲ】 212万円 
  現役並所得者【Ⅱ】 141万円  
  現役並所得者【Ⅰ】  67万円
2.一般            56万円
3.低所得者【Ⅱ】     31万円
4.低所得者【Ⅰ】     19万円
 
【介護保険制度に関するご質問・お問い合わせは下記まで】 
 福祉部 長寿社会課(電話番号:0857-30-8212)
     (Eメール:choju@city.tottori.lg.jp
 
【お問合せ先】
福祉部
保険年金課
長寿医療係
電話番号:0857-30-8225
Eメール:hoken@city.tottori.lg.jp

<設問>
FAQ(よくある質問とその回答)改善の参考とさせていただくため
~アンケートにご協力をお願いします~
Q:このFAQで、お調べになりたいことは解決しましたか?

記事に対する評価の理由を教えてください。 個別のお問い合わせは受付できません。